香川県偕行会

香川県の旧陸軍将校と元幹部自衛官の会

旧善通寺偕行社よもやま話

9月18日(敬老の日香川県護国神社参集殿において#4昼食懇談会を実施し、高津賢二氏(陸自87期)から「旧善通寺偕行社よもやま話」という演題で大変有意義な以下の話がありました。
①第11師団所在地が、なぜ善通寺に決まったのか?
善通寺衛戍病院(陸軍病院)は、いつ頃でき、規模はどのくらいだったのか?
善通寺市は、古墳が多いのですか?
④錦○○○○部隊などの通称号とは、どの様なものなのか?
⑤旧軍人さん(将校)さんの俸給はどのくらい貰らっていたのか?
⑦旧11師団兵舎、諸官舎の建設はいつ頃か?
意外と知らないことが多く、しっかりと準備された内容で、大変分かり易く有意義な卓話でした。

f:id:youjiie:20170918121950j:plain

次いで、参加した全員で近況、10月衆議院の解散・総選挙はあるのか?今後北朝鮮の核開発、米国の対応はどうなるのか?等について意見交換等を実施し、有意義な懇談会を実施することができました。参加した会員の皆様、ご多忙中にもかかわらず参加して頂き本当にありがとうございました。今後益々のご健勝をご祈念致しますとともに、またの再会を楽しみにしております。次回は、平成29年10月15日(日)、講師は龍田浩氏(陸自84期)です。多くの皆様の参加をお待ちしております。

 

偕行社ホームページ「英霊に敬意を。日本に誇りを。」

香川県偕行会ホームページ

#4 香川県偕行会昼食懇談会の日程変更について

台風18号来襲のため、#4  香川県偕行会昼食懇談会の日程を9月17日(日)とあるを、9月18日(月)(敬老の日で祝日)に変更致します。

講師は高津賢二氏(陸自87期)で、実施時間・場所、実施要領等はこれまでと同様です。多数の皆様の参加をお待ちしております。

 

偕行社ホームページ「英霊に敬意を。日本に誇りを。」

香川県偕行会ホームページ

 

終戦の日に伴う戦没者追悼行事を厳粛に実施しました

平成29年8月14日香川県偕行会は、「終戦の日に伴う戦没者追悼行事」を香川県護国神社において厳粛に実施致しました。宮司による祭詞奏上、後藤英機会長による祭文奏上、大塚良和会員による献吟、参加会員全員による玉串奉奠を行い、戦禍に斃れた三万五千八百十二柱の香川県出身の御英霊と香川県出身の十八柱の自衛官殉職者の御霊に対し御霊安かれと、お祈り申し上げました。引き続き、乃木神社の参拝、陸軍墓地の清掃、献花・参拝を実施致しました。その後、護国神社参集殿において、宮司さんを招いて参加者全員による直会を実施し、近況報告等を実施し、会員相互の親睦を深めました。

f:id:youjiie:20170814092915j:plain

                 (香川県護国神社)

f:id:youjiie:20170814093125j:plain

                  (本殿)

f:id:youjiie:20170814100518j:plain

             (宮司による祭詞奏上)

f:id:youjiie:20170814101547j:plain

           (後藤会長による祭文奏上)

f:id:youjiie:20170814102209j:plain

          (大塚良和会員による献吟)

f:id:youjiie:20170814104313j:plain

           (本殿前で参加者全員の記念写真)

f:id:youjiie:20170814093308j:plain

               (乃木神社)

f:id:youjiie:20170814103506j:plain

             (乃木神社の参拝)

f:id:youjiie:20170814111629j:plain

          (日華事変及び太平洋戦争戦没者の墓)

f:id:youjiie:20170814111928j:plain

            (満州事変戦没将士の合同墓) 

f:id:youjiie:20170814112242j:plain

         (明治7年征台以降の戦病没軍人軍属合同墓)

f:id:youjiie:20170814112657j:plain

        (明治7年征台以降の戦病没軍人軍属合同墓の前で)

f:id:youjiie:20170814114846j:plain

            (宮司さんを交えた直会)


戦没者追悼行事に参加された会員の皆様、酷暑の中、参加して頂き心から感謝申上げます。特に、従前会員から大西晏顧問(陸士60期)、白井正速氏(広幼49期)の2名の先輩が高齢にもかかわらず、酷暑の中参加して頂き、心から敬意を表します。今後とも、まだまだ残暑厳しい折、くれぐれもご自愛され、益々のご壮健、ご長寿をご祈念 致します。 

 

偕行社ホームページ「英霊に敬意を。日本に誇りを。」

香川県偕行会ホームページ

香川県偕行会#3・#4昼食懇談会の実施について

6月18日 香川県護国神社参集殿において#2昼食懇談会を実施し、高木照男氏(陸自77期)から第193回通常国会国益・国民を重視した本質的な論議がなされたか? 森友学園加計学園問題の本質・真相は?について問題提起があり、意見交換し、次いで「中東問題の本質と今後」について下記の話がありました。
①中東問題の本質を考える。
②世界情勢を読む~テロ事件報道の真相、マスコミ報道の表と裏を読む。
③トランプ政権の正体と行方~中東政策
市町村のための防災危機管理PartⅡの紹介
 (歴史を教訓とした作戦指揮、情報運用のあり方を提言する。)
表からだけではなく裏も読み、本質を考えるといった大変ユニ-クなお話で、大変素晴らしい卓話でした。
                                                                  
また、7月9日 同じ場所において#3昼食懇談会を実施し、川田文數氏(陸自69期)から「極東における核戦争の危機」について下記の話がありました。
①核保有国、核戦争を引き起こす主要要因及び核攻撃の形態
②戦争の準備を始めた中国
③核大国になる北朝鮮
 ・北朝鮮の背後にうごめくロシアの影
 ・2018年、核大国になる北朝鮮
 ・結末の見えない北朝鮮とアメリカの核対決
 ・北朝鮮の核保有で変わる朝鮮半島戦争のシナリオ
 ・アメリカの北朝鮮に対する軍事研究
 ・補足;アメリカ空母の動き
しっかりと関連事項に関する資料が準備された労作で、時期に即した大変有意義で素晴らしいい卓話でした。

f:id:youjiie:20170709132516j:plain

次いで、参加した全員で北朝鮮の核保有問題について自由に意見発表するとともに、尾崎前会長の死去・家族葬の概要、従前会員(旧軍関係者)の近況、選挙情勢、香川県郷友連盟の廃絶等について情報交換等を実施し、大変有意義な懇談会を実施することができました。参加した会員の皆様、ご多忙中にもかかわらず参加して頂き本当にありがとうございました。今後益々のご健勝をご祈念致しますとともに、またの再会を楽しみにしております。次回は、平成29年9月17日(日)、講師は高津賢二氏(陸自87期)です。多くの皆様の参加をお待ちしております。

 

偕行社ホームページ「英霊に敬意を。日本に誇りを。」

香川県偕行会ホームページ

 

大東亜戦争等の用語について

5月21日 香川県護国神社参集殿において本年度最初の昼食懇談会を実施し、石原四広氏(陸自84期、退官後徳島県防災業務に従事中)から徳島県鳥取県間の大規模災害発生時の相互応援協定の概要とその実体験について貴重な話があり、引き続き「いろいろな用語について」という演題で、「大東亜戦争」、「A級戦犯」、「東京裁判」、「興亜観音」、「靖国神社」、「サンフランシスコ講和条約」等についてその意味、経緯、論点等について周到に準備された資料の配布と分かり易い話があり、初めて聞く内容も多く、大変素晴らしい卓話でした。

f:id:youjiie:20170521123607j:plain

 

次いで、参加した全員で自由に情報交換、近況報告等を和気あいあいと実施し、大変充実した懇談会を実施することができました。参加した会員の皆様、ご多忙中にもかかわらず参加して頂き本当にありがとうございました。今後益々のご健勝をご祈念致しますとともに、またの再会を楽しみにしております。次回は、平成29年6月18日(日)、講師は高木照男氏(陸自77期)です。多くの皆様の参加をお待ちしております。

 

偕行社ホームページ「英霊に敬意を。日本に誇りを。」

香川県偕行会ホームページ

平成29年度香川県偕行会総会を盛会に実施しました

平成29年4月29日(土)高松東急REIホテルにおいて、平成29年香川県偕行会総会が実施されました。国歌斉唱、会員物故者等に対する黙祷、会長挨拶,来賓紹介の後、平成28年度事業報告、同収支決算報告及び監査報告、平成29年度事業計画(案)、同収支予算(案)、新役員等について事務局より説明があり、参加会員全員賛同により承認されました。

定期総会の後、戦史学者荒川憲一氏による記念講演が実施されました。演題は「補給戦としてのガダルカナル」で、ガダルカナル戦は、ミッドウェー海戦とともに、太平洋戦争における日米の攻守の転換点となった戦闘とされており、制空権、制海権が無く、いわゆる「攻勢終末点」を越えてしまった補給のない状況で戦うことが如何に悲惨な結果をもたらすか、また、日米の経済力、艦艇建造量、航空戦力の推移の歴然たる差について説明があり、兵站能力が如何に重要であるか等について大変参考になりました。

引き続き、懇親会が盛大に実施されました。後藤英機会長(陸自66期)の挨拶、第14旅団長大西裕文陸将補、香川県隊友会長林政夫氏の来賓挨拶の後、大塚良和氏(陸自71期)による格調高い詩吟{日本魂)が吟詠されました。その後、渡邊典男さん(陸士61期)の発声により声高らかに乾杯、懇談、新入会員の紹介、参加者全員による陸軍士官学校校歌、陸自幹部候補生学校校歌等の隊歌演習が実施され、来賓を含め従前(旧軍)会員と元幹部自衛官会員が和気あいあいと相互に親睦を深めることができ、大いに盛り上がりました。最後に副会長氏家嘉宣氏(陸自69期)の音頭で万歳三唱し、無事散会致し ました。f:id:youjiie:20170429105407j:plain
                                       総      会

f:id:youjiie:20170429113116j:plain

                             戦史学者荒川憲一氏 による記念講演

f:id:youjiie:20170429130636j:plain

                                       記念撮影 

f:id:youjiie:20170429130901j:plain

            後藤英機会長(陸自66期)挨拶

f:id:youjiie:20170429131134j:plain

                           第14旅団長大西裕文陸将補挨拶 

     f:id:youjiie:20170429131745j:plain       

       大塚良和氏(陸自71期)による格調高い詩吟(大和魂

f:id:youjiie:20170429132056j:plain

        渡邊典男さん(陸士61期)による乾杯の音頭

f:id:youjiie:20170429132221j:plain

            新入会員による自己紹介

f:id:youjiie:20170429133431j:plain

                懇談1

f:id:youjiie:20170429133337j:plain
                        懇談2 

f:id:youjiie:20170429133456j:plain

                 懇談3

f:id:youjiie:20170429133440j:plain

               懇談4

f:id:youjiie:20170429144540j:plain

               隊歌合唱(陸軍士官学校校歌等)
    

 本日ご参加の皆様、特に従前(旧軍)会員の皆様、ご多忙中のところ、足腰がままならないところを万難を排して総会に参加して頂き、本当にありがとうございました。今後とも益々のご健勝とご多幸を心よりご祈念致しますとともに、又の再会を楽しみにしております。

 

偕行社ホームページ「英霊に敬意を。日本に誇りを。」

香川県偕行会ホームページ

東日本大震災における予備自衛官の災害派遣について

3月26日 香川県護国神社参集殿において#8昼食懇談会を実施し、玉木章二氏(陸自87期)から「東日本大震災における予備自衛官災害派遣」について教訓、問題点等の具体的な話があり、大変有意義で素晴らしい卓話でした。2011年( 平成23年)3月11日東日本大震災が発生した際、予備自衛官が初めて災害派遣に出動しました。玉木氏は当時中部方面総監部予備自衛官班長であり、予備自衛官災害派遣の主担当者として大変苦労しながら任務を遂行したとのことでした。結果的に各予備自衛官はそれぞれの経験を活かし多様な場面でそれなりの貢献をしたものの、多くの教訓、問題点等も露呈したとのことでした。有事の際に迅速に現員を増強するためには平時から予備の防衛力が必要であり、多くの国で予備制度を取り入れています。日本の場合、米中露等に比較して非常に少なく、(ロシアの場合、常備軍約80万、予備軍約200万)東日本大震災時の予備自衛官災害派遣で明らかになったように出頭率が低い、即応性に乏しい、第一線部隊の要望に十分に応えられない等、実効性に乏しいことが露呈しました。有事に真に実効性あるものにするためにも予備自衛官制度の抜本的な再検討が必要ではないかと思われます。

f:id:youjiie:20170326122539j:plain

次いで、参加した全員で自由に情報交換等を実施し、特に森友問題等について意見交換をしました。参加した会員の皆様、ご多忙中にもかかわらず参加して頂き本当にありがとうございました。今後益々のご健勝をご祈念致しますとともに、またの再会を楽しみにしております。次回は、平成29年5月21日(日)、講師は徳島県防災業務に従事している石原四広氏(陸自84期)です。多くの皆様の参加をお待ちしております。

 

偕行社ホームページ「英霊に敬意を。日本に誇りを。」

香川県偕行会ホームページ