香川県偕行会

香川県の旧陸軍将校と元幹部自衛官の会

令和2年建国記念の日奉祝行事を厳粛に実施しました

令和2年2月11日香川県偕行会は、「建国記念の日奉祝行事」を岩清尾八幡宮高松市宮脇町)で厳粛に実施致しました。建国記念の日は、古事記日本書紀で初代天皇とされる神武天皇の即位日(紀元前660年1月1日 (旧暦))より、その即位月日を新暦に換算した2月11日を1873年明治6年)に建国の日として「紀元節」と定められました。その後、太平洋戦争後にGHQにより廃止されましたが、「紀元節」復活の気運が高まり、1966(昭和41)年に、「建国をしのび、国を愛する心を養う日」として、「建国記念の日」が定められました。世界中どこの国でも建国日は、国旗を掲げ、祝っています。しかし、わが国では、未だ政府主催の式典が開催されておらず、一日も早く政府主催の式典を開催して、国を愛する心を育てていくべきだと思います。また、この機会に、「いにしえより我が国は幾度となく、大きな困難や過酷な試練に直面しましたが、そのたびに先人たちは愛国心と勇気をもって立ち上がり今日の日本がある。」ことに思いをはせるとともに、建国を偲び、悠久の歴史の中で培われてきた文化・歴史を大切にしながら、日本国の平和と安全、今後の益々の発展を心から祈りたいものです。

f:id:youjiie:20200211105642j:plain

岩清尾八幡宮

f:id:youjiie:20200211105745j:plain

岩清尾八幡宮由来の石碑

f:id:youjiie:20200211100751j:plain

建国記念の日奉祝行事(その1)

f:id:youjiie:20200211102015j:plain

建国記念の日奉祝行事(その2)

f:id:youjiie:20200211102152j:plain

建国記念の日奉祝行事(その3)

f:id:youjiie:20200211103548j:plain

献歌(国歌 紀元節

f:id:youjiie:20200211104524j:plain

下拝殿の前で記念撮影(その1)

f:id:youjiie:20200211104614j:plain

拝殿の前で記念撮影(その2)

その後、近くの料亭八幡平において、直会(なおらい)を実施し、会員相互の親睦を深めました。今回も昨年に引き続き従前(旧軍関係)会員の参加者が無く、寂しい奉祝行事となりました。従前会員の皆様のご健康とご長寿を心からお祈り致します。なお、寒い中での建国記念日奉祝行事に参加して頂いた会員の皆様、大変ありがとうございました。 寒さ厳しい折、益々のご壮健を心よりお祈り致します。

 

 

偕行社ホームページ「英霊に敬意を。日本に誇りを。」
http://www.kaikosha.or.jp

香川県偕行会ホームページ
http://kagawakennkaikoukai.web.fc2.com/

 

 

令和2年香川県偕行会新年会を盛大に実施しました

令和2年1月18日(土)午後高松市の東急REIホテルにおいて、令和2年香川県偕行会新年会を盛大に実施しました。国歌斉唱の後、長尾輝久氏(陸自69期)の新年会に相応しい格調高い詩吟{新年祝いの詩(うた)}が披露されました。次いで、後藤英機会長(陸自67期)から新年の挨拶があり、氏家嘉宣副会長(陸自69期)の発声で声高らかに乾杯致しました。宴たけなわとともに、参加会員全員による個々の近況報告等が行われ、会員相互に和気あいあいと相互に親睦を深め、有意義で大変楽しい時間を過ごすことが出来ました。最後に大西邦彦氏(陸自69期)の音頭で万歳三唱し、また元気に来年も再会できることを誓い、無事散会致しました。今年は残念なことに従前会員(旧軍関係者)の皆様の参加が初めてありませんでしたが、従前会員の皆様のご健勝とご長寿を心からご祈念致すところであります。

f:id:youjiie:20200118120530j:plain

長尾輝久氏(陸自69期)による詩吟披露

f:id:youjiie:20200118120812j:plain

後藤英機会長(陸自66期)による新年の挨拶

f:id:youjiie:20200118122627j:plain

和気あいあいと懇談会(その1)

f:id:youjiie:20200118122652j:plain

和気あいあいと懇談会(その2)

f:id:youjiie:20200118121503j:plain

和気あいあいと懇談会(その3)

f:id:youjiie:20200118130047j:plain

参加者全員による近況報告

f:id:youjiie:20200118140820j:plain

大西邦彦氏(陸自69期)の音頭による万歳三唱

 

 

偕行社ホームページ「英霊に敬意を。日本に誇りを。」
http://www.kaikosha.or.jp

香川県偕行会ホームページ
http://kagawakennkaikoukai.web.fc2.com/

#7昼食懇談会を実施しました

12月15日(日)香川県護国神社参集殿において#7昼食懇談会を実施しました。高木照男氏(陸自77期)から「米中新冷戦時代の日本外交・安全保障のあり方、令和時代の防災・危機管理のあり方を提言する」という演題で、以下について大変有意義な話がありました。この際、パワーポイントを使うとともに、その内容を参加者全員に印刷配布する等、周到に準備された、大変内容の濃い素晴らしい卓話(力作)でした。
1..米中新冷戦時代の日本外交・安全保障のあり方
①米中新冷戦時代と日本のこれから
・米中新冷戦の正体
日中関係・香港問題の現状と今後を考える
日中関係の現状と今後
中華民国中国共産党政権の歴史
・香港問題の現状と今後
③日韓問題の現状と今後を考える
・日韓問題の現状と文政権の野望
④東アジア安全保障環境の変化と令和の日本外交・安全保障政策
2.令和時代の防災・危機管理のあり方
地震予知の現状と最新の地震観測技術、安政年間の地震関連史実
地震予知の歴史
地震の前兆・先行現象
・3種類の高性能地震計・様々な自信を正確に測定
安政の大地震と関連史実
・慶長年間以前の坂出市の海岸線(創造図)
②近年台風災害の特徴と地球温暖化への警告
③防災を担当する若い世代がなすべきこと
・防災教育で学ぶこと
・防災対応:次世代への提言

f:id:youjiie:20191215123535j:plain

令和元年12月15日昼食懇談会

次いで、来年度の昼食懇談会実施計画の配布・説明がありました。(来年度は都合により原則として第3日曜日から第2日曜日に変更して実施)また、新年会(令和2年1月18日(土)12:00~高松東急レイホテル)について参加の呼びかけ、関係者に資料等配布があり、大変有意義な昼食懇談会になりました。
 参加した会員の皆様、ご多忙中にもかかわらず参加して頂き本当にありがとうございました。これから寒さが一層厳しくなりますが、皆様の益々のご健勝を心よりご祈念致しますとともに、またの再会を楽しみにしております。次回は、令和2年3月15日(日)、講師は高津賢二氏(陸自87期)です。多くの皆様の参加をお待ちしております。


偕行社ホームページ「英霊に敬意を。日本に誇りを。」
http://www.kaikosha.or.jp

香川県偕行会ホームページ
http://kagawakennkaikoukai.web.fc2.com/

 

 

 

#6昼食懇談会を実施しました

11月17日 香川県護国神社参集殿において#6昼食懇談会を実施しました。岡本雅之氏(陸自68期)から元寇の役」という演題で、以下について有意義な話がありました。この際、周到に準備された説明資料を参加者全員に配布し、その資料を基に分かり易く説明され、有意義で素晴らしい卓話でした。
1 前言に変えて(日本国存亡の危機6例及び現在予想される危機について)
2 元寇とは
3 元寇の時代背景
4 元寇国使者の日本派遣と侵攻軍の準備
5 日本側の作戦準備
6 文永の役
 ・元軍の出発・開戦及び戦闘経過
 ・元軍の撤退と強風遭難、日本軍による元軍将兵の掃討
 ・両軍の戦闘教訓・反省事項
 ・余談
7 文永の役後の日本・元双方の状況
6   弘安の役
 ・元軍、第2次日本侵攻作戦を発動
 ・両軍勝敗の分析
 ・戦役終了後の状況
現行の研究を通じての私的所感
常に「事有る」を前提として、人・物・金・空間の準備を周到にし、絶え間なく兵を訓練して戦士を養成しておく、それが国家の防衛ということ、と痛感しました。

f:id:youjiie:20191117123140j:plain

引き続いて、#2幹事会を役員等関係者で実施致しました。

参加した会員の皆様、ご多忙中にもかかわらず参加して頂き本当にありがとうございました。これから寒さが日一日と厳しくなりますが、皆様の益々のご健勝を心よりご祈念致しますとともに、またの再会を楽しみにしております。次回は、令和元年12月15日(日)、講師は高木照男氏(陸自77期)です。多くの皆様の参加をお待ちしています。

 

 

偕行社ホームページ「英霊に敬意を。日本に誇りを。」

http://www.kaikosha.or.jp/

 

香川県偕行会ホームページ

http://kagawakennkaikoukai.web.fc2.com/

 

 

 

 

 

#5昼食懇談会を実施しました

10月20日 香川県護国神社参集殿において#5昼食懇談会を実施しました。河本伸一氏(陸自81期)から「組織は不条理に陥り合理的に失敗する(コンサルを通じて学んだこと)」という演題で、以下について有意義な話がありました。この際、パワーポイントを使うとともに、その内容を参加者全員に印刷配布する等、周到に準備された内容で素晴らしい卓話でした。
・企業(公文教育研究会社)の顧問としての活動の概要
・敗戦からの学びが生かされていない。(あれほどまでに旧陸海軍をたたきながら組織の失敗を学んだ。しかし、同じことを繰り返している。なぜか?)
・名著「失敗の本質」にみる失敗学の欠陥
・失敗学のアプローチ上の欠陥(人間は「無知と不注意」だから失敗するのではなく、分かっていながら合理的に失敗するのではないか?)
・命令違反が組織を伸ばす。(中川大佐の命令違反が陸軍を変えた。)
・2種類の失敗(条理・不条理)
・陸海軍の失敗の本質(なぜ、予期できたにも関わらず、突き進んで失敗に至ったのか?}
・完全合理性と限定合理性
・なぜ合理的に(分かっていながら)失敗するのか?
・不条理発生のメカニズム(タイプⅠ・Ⅱ)
・価値関数(投資行動、ノモンハンにおける心理会計、初期・末期大本営の心理会計等)
・埋設(取引)コストを考慮して不条理に陥る例
・先人からの学びを生かす。
【結論】
 歴史の追体験とは、先人の生き様を「完全合理性」の立場から分析するのではなく、我もまた「不完全な存在」であり、不完全な情報の中で、すなわち「限定合理性」の中で行われる必要がある。

f:id:youjiie:20191020130416j:plain


次いで、参加した全員で卓話に関する質疑応答を自由に行うとともに、会員の現況、入会状況(今年の退職幹部自衛官は全員が入会)等の紹介があり、必要な情報交換を実施し、大変有意義な昼食懇談会になりました。
 参加した会員の皆様、ご多忙中にもかかわらず参加して頂き本当にありがとうございました。これから寒さが日一日と厳しくなりますが、皆様の益々のご健勝を心よりご祈念致しますとともに、またの再会を楽しみにしております。次回は、令和元年11月17日(日)、講師は岡本雅之氏(陸自68期)です。多くの皆様の参加をお待ちしております。

 

偕行社ホームページ「英霊に敬意を。日本に誇りを。」 

香川県偕行会ホームページ

#4昼食懇談会を実施しました

  9月15日 香川県護国神社参集殿において#4昼食懇談会を実施しました。大西邦彦氏(陸自69期)から「第2次世界大戦を考える」という演題で、第31代アメリカ大統領ハーバート・フーバー(任期1929~33)が第二次世界大戦の過程を詳細に検証した回顧録「裏切られた自由」をメインに、以下について大変有意義な話がありました。
大東亜戦争とは・・・日本の視点、米国の政策、フ-バ-の考え
・第1次世界大戦から第2次世界大戦、戦後への流れ
・米英の指導者が、1933年以来犯した19の大罪
大西洋憲章
・戦後世界のあり方を決定したのはヤルタ会談ではなくテヘラン会談
・ル-ズベルトは戦争を欲していた。
支那との関係改善努力(トラウトマン工作)等
 周到に準備された資料を参加者全員に配布する等、大変な労作で、大変参考になりました。

f:id:youjiie:20190915122429j:plain

 次いで、参加した全員で卓話に関する質疑応答を行うとともに、日韓問題等日ごろ関心のある事項について自由に意見交換し、また会員の現況、入会状況(今年の退職幹部自衛官は全員が入会中)等の紹介があり、必要な情報交換を実施し、有意義な昼食懇談会になりました。
 参加した会員の皆様、ご多忙中にもかかわらず参加して頂き本当にありがとうございました。残暑厳しい折、皆様の益々のご健勝をご祈念致しますとともに、またの再会を楽しみにしております。次回は、令和元年10月20日(日)、講師は河本伸一氏(陸自81期)です。多くの皆様の参加をお待ちしております。

 

 

偕行社ホームページ「英霊に敬意を。日本に誇りを。」

香川県偕行会ホームページ

 

 

 

「終戦の日に伴う戦没者追悼行事」を厳粛に実施致しました

 令和元年8月14日香川県偕行会は、「終戦の日に伴う戦没者追悼行事」を香川県護国神社において厳粛に実施致しました。宮司による祭詞奏上、後藤英機会長による祭文奏上、大塚良和会員による献吟、参加会員全員による玉串奉奠を行い、戦禍に斃れた三万五千八百十二柱の香川県出身の御英霊と香川県出身の十八柱の自衛官殉職者の御霊に対し御霊安かれと、お祈り申し上げました。引き続き、乃木神社の参拝、陸軍墓地の清掃、献花・参拝を実施致しました。その後、護国神社参集殿において、参加者全員による直会を和気あいあいと実施し、近況報告等により会員相互の親睦を深めました。

 

f:id:youjiie:20190814093312j:plain

                                                    (香川県護国神社)


f:id:youjiie:20190814093457j:plain

                                                           (本殿)
f:id:youjiie:20190814100856j:plain

                                              (宮司による祭詞奏上)

f:id:youjiie:20190814101833j:plain

                                        (後藤会長による祭文奏上)

f:id:youjiie:20190814102424j:plain

                                 (大塚良和会員による厳粛な献吟)

f:id:youjiie:20190814104042j:plain

                                     (本殿前で参加者全員の記念写真)

f:id:youjiie:20190814093739j:plain

                                                         (乃木神社)

f:id:youjiie:20190814103402j:plain

                                                    (乃木神社の参拝)
f:id:youjiie:20190814105331j:plain

                              (日華事変及び太平洋戦争戦没者の墓)

f:id:youjiie:20190814105823j:plain

                                              (満州事変戦没将士の合同墓)

 

f:id:youjiie:20190814105939j:plain

                           (明治7年征台以降の戦病没軍人軍属合同墓)


f:id:youjiie:20190814110320j:plain

                        (明治7年征台以降の戦病没軍人軍属合同墓の前で)


f:id:youjiie:20190814112557j:plain

                                         (和気あいあいとした直会)

 

戦没者追悼行事に参加された会員の皆様、酷暑の中、参加して頂き心から感謝申上げます。特に、従前会員から大西晏顧問(陸士60期)がご高齢にもかかわらず、参加して頂き心から敬意を表します。まだまだ残暑厳しい折、くれぐれもご自愛され、益々のご壮健、ご長寿をご祈念 致します。

 

 

 

偕行社ホームページ「英霊に敬意を。日本に誇りを。」

香川県偕行会ホームページ