読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

香川県偕行会

香川県の旧陸軍将校と元幹部自衛官の会

国民保護訓練について

5月24日 香川県護国神社参集殿において今年度最初の昼食懇談会を実施し、石原四広氏(陸自84期)から「徳島県における国民保護訓練」について貴重なお話がありました。石原氏は奄美大島出身(現在は丸亀市在住)で飛行実験隊長等を歴任後、H26.6.1退官し、現在は徳島県危機管理部とくしまゼロ作戦課企画幹として勤務されています。
国民保護訓練とは国民保護法(日本が外国から武力攻撃を受けたときの政府による警報の発令、住民の避難誘導・救援などの手順を定めた法律。平成16年成立。)に基づく訓練で、徳島県では平成18年3月31日に徳島県国民保護計画を作成、平成20年度以降、毎年度政府との共同開催で国民保護訓練を実施しているそうです。国民保護訓練の概要、自衛隊の参加状況、今後の課題等の貴重なお話があり、大変参考になりました。
その後、参加者全員で近況報告、情報交換、雑談し、大変有意義な昼食懇談会でした。卓話を担当された石原四広(陸自84期)さん、大変貴重な卓話を実施して頂き、本当にありがとうございました。益々のご活躍を会員一同祈念しております。

 

偕行社ホームページ「英霊に敬意を。日本に誇りを。」

香川県偕行会ホームページ