読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

香川県偕行会

香川県の旧陸軍将校と元幹部自衛官の会

不識庵機山を撃つの図に題す

12月28日 香川県護国神社参集殿において#7昼食懇談会を実施しました。
最初に平成26年8月5日に入会した玉木章二氏(陸自87期)から自己紹介がありました。玉木氏は、善通寺出身(現在は丸亀市在住)で110教育大隊長等を歴任後8月4日に定年退官、翌日入会した精鋭であります。

次いで、大塚良和氏(陸自71期)から「不識庵機山を撃つの図に題す 頼山陽」の詩吟披露、解説、及び広く詩吟に関する貴重な話がありました。
不識庵(ふしきあん)機山(きざん)を撃つの図に題す」(頼山陽 作)
          鞭聲粛々夜河を過る
          暁に見る千兵の大牙を擁するを
          遺恨なり十年一剣を磨き
          流星光底長蛇を逸す
(解説) 不識庵は越後の上杉謙信、機山は武田信玄、ともにその法号。両雄の川中島での戦いは1553年の第1回から、1561年の5回に及んでいる。この詩は山陽が自分の[日本外史]の資料から謙信の胸中を汲みする形で作られている。
 
 次いで、朝田一輝副会長(東幼49期)から会員であり丸亀市今津町に在住の松浦功氏(陸士56期)の書かれた「随意随想」の紹介があり、#7昼食懇談会を有意義に終了致しました。参加した会員の皆様、特にご高齢にもかかわらず参加して頂いた旧軍関係会員の皆様、ご多忙中にもかかわらず参加して頂き本当にありがとうございました。今後益々のご健勝をご祈念致しますとともに、またの再会を楽しみにしております。

 

 

偕行社ホームページ「英霊に敬意を。日本に誇りを。」

香川県偕行会ホームページ